年中夢球 ~vol.1~

卒業生インタビュー

中原一颯(20) & 串間一穂(20) 

 

ジュニア時代にスポーツを頑張った経験。

その経験は、

その後の人生にどんな影響を与えるのか?

アスリート道場BUSHITSUの卒業生インタビュー

第2段です。

野球に魅せられ夢中になって取り組んできた

2人の卒業生。

小学生の時から変わることのない、その姿勢。

彼らは、どんな景色を見てきたのか?

そして今、どんな景色を見ているのか?

中原 一颯 〈左〉

(20歳 福井工業大学 野球部2)

小学6年生からBUSHITSUに通う。

宮崎スターズ→檍中→日南学園高→福工大

日南学園高校3年夏に甲子園に出場しタイムリーを打つなど活躍。

現在は、全国常連の福井工業大学野球部でレギュラー獲りを狙っている。 

串間 一穂 〈右〉

(19歳 富士大学 野球部1年)

小学3年生からBUSHITSUに通う。

宮崎スターズ→檍中→宮崎日大高→富士大

中学時代に県選抜選手として全国大会を経験。

プロを数多く輩出する富士大大学でレギュラー獲りを狙っている。


 

〜野球始めたのはいつ?切っ掛けは?〜

 

中原

小学1年生からソフトボールを始めて、3年生から少年野球に入りました。

お父さんが野球してたので、家で野球を見ることが多かったし、キャッチボールもよくしていたので。

それが切っ掛けだと思います。

 

串間

僕は小1です。1番最初はプロゴルファーを目指してゴルフをしていたんですけど。

(幼稚園)年長の時に、アニメの「メジャー」を見て面白そう!と思って野球を始めました。

それが地獄の始まり!笑。

 

〜小学生の頃は何を考えて野球をしていた?〜

 

中原

小学校の頃はただ打ちたい!勝ちたい!それだけでやってました。

その時から「日南学園に行きたい」ってBUSHITSUでも言ってましたよね。甲子園で活躍してプロ野球選手になりたい!って、夢や目標を持って野球してました。

 

串間

僕は一颯先輩(中原)格好良いなあと思って憧れてました。

一颯先輩が大好きだったんで!

その時は、ニューヨークヤンキースの1番打者でポジションはショートになるって言ってました!でも時が経てば経つほど実現が遠ざかりましたが..。笑。まあ、今もまだ諦めてないですけど!

 

 

中原一颯君(小6)、串間一穂君(小5)の時のBUSHITSU取材映像

〜BUSHITSUではどんなことを考えてトレーニングしてた?〜

 

串間

野球に少しでも結びつけ〜って。

中原

トレーニングは、野球に色んな面でプラスになると思ってたので!

それにBUSHITSUでは夢を語ったり、目標を決めたりしてトレーニングしてたんで。

それもプラスになりました。

 

〜後々にも夢を語ったり、目標を決める習慣が役に立ったことってある?〜

中原

夢とか目標を語ることによって自分にもプレッシャーが掛かりますし、自分で言った夢は必ず実現したい。高校の時にキツくて辞めたいなあって思うこともあったけど、その時も夢を語ってみんなに甲子園に出る!って言い続けてたんで!それが、頑張れる切っ掛けになったと思います。

 

串間

目標が明確にないと、頑張るにしても道が外れたりすると思うので。

目標とプロセスをしっかり決めておけば、より近道で目標に近づくことが出来るし!それに、自分で言ってしまったことはもう引けないし、それに相応しくないこと出来なくなる。

だから、どんどん口に出すことは大事だと思っています。

vol.2につづく

1  2  3

vol.2のインタビュー記事にすすむ