BUSHITSUは、なぜ?ガラス張りなのか?

「運動施設なのにガラス張りって珍しいですね?」

そんな風によく聞いて頂きます。

 

アスリート道場BUSHITSUは、通りからよく見える大きなガラス張りです。

 

実は、ガラス張りに設計したのには意味があります。

どんな意味があるのか?

 

 

子ども達が夢や目標に向かって、チャレンジする姿。

ベストを尽くし、さらに、今までの自分を超えていく姿。

 

その光景を通して、

応援してくれるご家族や仲間たちに。

また地域の方々や、通りすがりの方々に。

ちょっとした勇気や感動を届ける。

 

 

 

 

 

 

(チャレンジや頑張っている写真)

 

 

 

 

 

そんなコンセプトがあります。

 

アスリートとは身体を使って!

自分たちらしさ(TEAM)、自分らしさ(個)を

プレーで表現するアーティストでもあります。

 

 

 

 

(BU員のパフォーマンス)

 

 

自分を表現するのは、

本番でも、練習でも、トレーニングでも、同じこと。

 

常に、周囲への影響を考え、自分を表現できるアスリート思考を育てよう。

「自分らしさの最高地点に」成長し続けよう。

 

そのチャレンジと成長する姿が、

人にどんな好い影響をもたらすのか理解しておこう。

 

見てもらえることって素晴らしい。

そんな想いから、ガラス張りにしているのです。

 

 

ご家族の皆さんや、ご近所の皆さんには、

ガラス越しに、お子様の沢山の輝く瞬間を見て欲しいと思っています。

 

ちなみに、Jr.アスリート達からの視線の先には憧れの先輩たちの頑張る姿。

これも、