咲紀blog

卒業生インタビュー

竹之内咲紀さん(23) 編 part.2

 

【インタビュー】

 

〜社会人1年生だね!今、仕事は何をしてるの?〜

A製薬会社(有名大企業)です。仕事の内容はクリニックとか病院の先生に会いにいって製品のご紹介をしています。情報を先生にお伝えして患者さんに使って頂けるかが実績になります。

 

4月に入社してからは研修だったのですが、自分の担当先を10月から持って横浜で頑張っています!

難しいこともありますし、忙しいですけど..

もともとやりたかった仕事なので楽しいです!

基本的におしゃべりなので、病院の先生とも仲良くなれてます。笑。

 

 

〜なんで製薬会社で働きたいって思ってたんだっけ?〜

お父さんが製薬会社で働いてたのが1番大きかったです!

お父さんが楽しそうに仕事してたのを見ていたことが1つ。

あとは、もともと先生とコミュニケーションを取る仕事って

信頼関係が凄い大切なのでコミュニケーションを取りながら

できる仕事がいいなあとおもったことです。

あとは、大学で沢山勉強した英語を使える仕事もしたいなあ

と思っていたので、製薬会社は幅も広いので、今は論文を読むことくらいしか使わないんですけど。

今は、営業してるんですけど。他のマーケティングとか管理とか経理とかどの職種にも希望を出せば叶えてくれる可能性のある会社なので、海外にも希望をだせばいけんるんです。

 

〜横浜配属は何で決まったの?〜

本社の人事の方が新人を全国に振り分けます。

希望は、「雪が降らないところで九州の実家まで飛行機で1本で

帰れるところが良いです!」って伝えていました。

そしたら、1番人気の横浜に配属されました!笑。

 

〜今もテニスしてる?〜

テニスは今は出来てないですけど、落ち着いたらまたしたいです!

 

〜テニスをやってきて社会人になって良かったことは?〜

1つは、コミュニケーション能力です。

テニスの大会や合宿で色んな所に行ったり、

色んな人に会ったりとかしてきたので。

そういったところでどんどん積極的に話をしていたし、

同世代だけじゃなく色んな人に声を掛けて貰いました。

その点では、仕事していてもどんな人ともお話が出来ています。

緊張もしません!笑。

 

それに、就活の時にもスポーツ経験が有利に働いた気がします!

何かを一生懸命に頑張ってるってことが凄い良いんだと思いました。

ずっと続けていける継続力とか忍耐力とか、それに上下関係もやっぱりあるので、それを乗り越えてきた経験を評価して貰うことも多いです。

 

〜他にもテニスをしてきた良かったことはある?〜

すぐ、目標を立てる習慣があります。

何かを決めたら、例えば自分はこれをやりたいって思ったら、

目標を立てて、それに向かって必死で頑張ろうと勝手にしてしまうのは..

テニスをやってきたからかなあと思います。

テニスのコーチや宮田先生と目標を決めて、そのために何をどのように

頑張るかっていうことをやってきたので!

日頃から無意識に考えていて、それが今、仕事でも活きてます。

「病院の先生にこういう話をして興味を持ってもらおうかな」

と無意識に目論見を立てて考えるのが習慣になっています。

まずは、考えて順序立ててこうしていきたいなあって..やってます。

 

今の仕事は、基本的にはチームで協力する形で。

新人で出来ることが少ないですけど..

何か少しでもチームに貢献したいので。積極的に活動をして

「こういう結果が出ました」ってチームの皆さんや組織全体に

報告するようにしています。

皆さんに助けていただくことも多いですし、私も皆さんの力に

なれるように頑張っています。

協力して成果を上げていくのが楽しいです!

そのために目標を立てて頑張ってます。

 

〜製薬会社に入りたいと思ったのはいつ?〜

高校時代です。大学に入る前には製薬会社で働くってもう決めてました。

大学もそれを考えて入ったんで!テニスもしたいし、英語も勉強したいし、経営も勉強できる。

それに、就職率も高かったですし、特に製薬会社への就職も多い大学だったので進学を決めました。

実は、これもテニスの成績のおかげで入れたんですけど!

大学に入ってから、真面目に経営学科でしっかり勉強もしました。

 

テニスのおかげで本当に何も苦労せず。

テニスが1番苦労したかもしれません。

テニスは苦労しました。勝てないし弱いし!

中学、高校序盤は勝てなかったから。

大学の方が全然頑張れてました。

 

3年生の時は

 

スポーツは体力も付きますし、精神力も鍛えられるので!

ちょっとしたことじゃ挫けない。笑。

怒られることも、もちろんあるんですけど。

悔しくても頑張ってどうにかしてやり返そうじゃないですけど。

理不尽なことで怒られても、そんなの気にせずにどんどんいけるので。

テニスの経験から頑張ることは大事だと思っているので。

 

 

「宮田の感想」